JAPAN MADE事務局のコンセプト

日本生まれのxTechを発掘、支援して日本経済の成長の動力になりグローバル経済にも大きく貢献できるようにサポートしていきます。

JAPAN MADE事務局はなにをやっているのか

優れた日本製のxTechを発掘し、ひらめきのアイデアがあっても世の中で普及するのは難しいのが現状です。 そこでコワーク、つまり互い力を合わせてどう協力関係を作るかが鍵で最終的に、事業として収益のあげなくてはいけません。それらを我々は日本製でやりたいと考えています。

JAPAN MADE事務局のミッション

JAPAN MADE事務局は法律、金融、会計、知財、販売、人材派遣、ベンチャーコンサルタントなど新規事業に関わる専門家を揃え,経営資源を有効活用して本業に取り込むように積極的に支援いたします。

日本生まれ

JAPAN MADE事務局は日本生まれのxTechを発掘、支援して日本経済の成長動力になりグローバル経済にも大きく貢献できるようにサポートしていきます。

xTech(クロステック)

xTechとは◯◯テクノロジーの総称で、それぞれの産業をテクノロジーを使って活用する言葉として使われています。例えば、FinTechは、Finance(金融)x Technology(技術)の2つの言葉を組みわせた造語で、Legal(法律) x Technology(技術)を組み合わせたものがLegalTechとなります。医療の分野では、MedTech、教育の分野ならEdTech、農業の分野ならAgriTech、スポーツの分野ならSportTechなどと言わ れています。xTechは、IT化が遅れている産業に最先端のテクノロジーを使って新しい価値や仕組みを提供する目的で使われている言葉です。

専門家の紹介

法律、金融、会計、知財、販売、人材派遣、ベンチャーコンサルタントなど新規事業に関わる専門家を揃え経営資源を有効活用し本業に取込めるよう支援いたします。

オフィス環境の提供

JAPAN MADE 事務局は、業界の横断的なコミュニケーションの場を提供し、テレワークを支援するバーチャルデータルームサービスの提供やクラウドバックアップサービスなど、どこにいても仕事ができるオフィス環境の構築をご支援いたします。

Meetup&デジタルトランスフォーメーション

ICBM-5BAA技術を中心にMeetupイベントを定期的に開催して日本企業のデジタルトランスフォーメーションを促し新規事業の立ち上げをサポートします。

JAPAN MADE事務局 代表 挨拶

デジタルトランスフォメーシンによる産業構造の再定義から生まれた会社を クロステック(xTech)企業だといいます。クロステック企業は次世代社会の基盤システムを提供するため、プラットフォーマーとも呼ばれますが日本政府が進めているソサエティー5.0はこのクロステックで支えられるようになるでしょう。JAPAN MADE事務局は日本生まれのxTechを発掘、支援して日本経済の成長動力になりグローバル経済にも大きく貢献できるようにサポートしていきます。
デジタルトランスフォメーシンによる産業構造の再定義から生まれた会社を クロステック(xTech)企業だといいます。クロステック企業は次世代社会の基盤システムを提供するため、プラットフォーマーとも呼ばれますが日本政府が進めているソサエティー5.0はこのクロステックで支えられるようになるでしょう。JAPAN MADE事務局は日本生まれのxTechを発掘、支援して日本経済の成長動力になりグローバル経済にも大きく貢献できるようにサポートしていきます。