日本ブランドを守るNo Fakeソリューション

日本の逸品、HyperJで

日本の匠が開発した日本の名品、逸品を偽造品によって損なわれないように守る

日本国内の偽造品推定被害額は、1年間で5兆7000億円と、実に日本の国家予算の約5.6%に相当します。「日本の匠が開発した日本の名品、逸品を偽造品によって損なわれないように守る」これがHyperJの開発目的です。古き良き時代の日本製が新しき良き時代のJAPAN MADEにxTechでで生まれ変わることを支援するJAPAN MADE事務局は、次世代のブロックチェーン技術を活用した新しいNo Fakeソリューションで、日本の逸品を守ります。

偽造品手法のトレンド

インターネット販売で急増したスーパーコピーと言われるブランドの時計や、バッグなどの本物そっくりの模造品や、海賊版と言われる日本独自の漫画作品のコピーがネット上に拡散し、その被害額だけでも500億円。アートの分野では、中国で、草間彌生氏、村上隆氏の贋作を展示するイベントまで開催されるなど、パブリシティ権の侵害まで、偽造品の手法もますますエスカレートしています。対策は様々実施されているものの効果は限定的でコストも増大する一方です。

既存の模造品対策

ブロックチェーンによる偽造品対策

ブロックチェーンを活用した次世代 真贋システムHyperJは、”書き込まれた情報は改ざんできない”というブロックチェーンの特長を生かし、さらに独自技術を 使って、従来のブロックチェ ーンでは困難だった、大容量の動画データ、画像データも登録可能な 次世代トレーサビリティ真贋システムとして開発されました。

真贋判定におけるブロックチェーンのメリット

次世代真贋システムHyperJとは

次世代真贋システムHyperJとは、製造現場、生産現場のメーカーが発信する安心な動画を簡単にアップロードしたり、改ざん不可能なブロックチェーンに シリアル番号を保存して、消費者は簡単にスマートフォンで正規品かどうかを確認できる新しい形のNo Fakeソリューションです。

例えば、スポーツ分野で、日本が誇る繊細な技術で製造されるゴルフクラブは、世界中のプロからアマチュアまで多くの方々に愛用されています。しかし、 模造品はあとを立たず、日本ゴルフ用品協会JGGAは、2012年から模造品対策ラベルを推奨し、現在30以上のメーカーが使用していますが、抜本的な対策 には至っていません。

スポーツ分野におけるHyperJの活用