width=

 width=

アニメ

スポーツ

タイトル

巨人の星

東京ムービー

「巨人の星」は、原作:梶原一騎、作画:川崎のぼるによるスポーツ漫画を原作とするアニメです。主人公星飛雄馬が、父一徹の厳しい特訓に耐え、大リーグボールを武器に野球選手として大成するまでを描いた作品です。実在の選手が多数登場し、当時の野球人気を象徴する作品となっています。

あしたのジョー

虫プロダクション

「あしたのジョー」は、原作:梶原一騎、作画:ちばてつやによるスポーツ漫画を原作とするアニメです。主人公矢吹丈が丹下段平に才能を見出されボクサーとして開花するまでを描いた作品です。2度のアニメ化、1度のアニメ映画化をしたのち、実写映画化されるなど、原作の社会的影響力も相まって人気を博し続ける作品です。

エースをねらえ

東京ムービー

「エースをねらえ!」は山本鈴美香の漫画を原作としたスポーツ漫画です。高校生岡ひろみがテニス部に入ってから、一流のテニス選手として活躍するまでを描いています。1973年以降4度のアニメ化がされ、劇場版も制作されるなど人気が高く、当時のテニスブームの火付け役ともいえる作品です。

キャプテン翼(第1作)

土田プロダクション

「キャプテン翼」は高橋陽一のサッカー漫画を原作とするアニメです。サッカー好きの少年大空翼がサッカー選手として成長し、ライバルと切磋琢磨する様子を描いています。日本で爆発的なサッカーブームを生み出しJリーグ発足のきっかけの一つとなったほか、世界的なサッカー選手も本作の影響を受けている旨を公言するなど、サッカー界に絶大な影響を与えています。

タッチ

東宝、グループ・タック

タッチは、あだち充のスポーツ漫画を原作とするアニメです。上杉達也と和也の双子の兄弟とヒロイン浅倉南の人間関係が高校野球を軸に描かれる作品で、高校野球ブームをけん引する存在となりました。また、日本アニメ大賞・アトム賞を受賞するなどクオリティも高く評価され、日本を代表する野球漫画の一つに位置付けられています。

SLAM DUNK

東映動画

「SLAM DANK」は、井上雄彦のスポーツ漫画が原作のアニメ作品です。不良少年桜木花道が、バスケ選手としての才能を見出され成長していく物語になっています。原作の絶大な人気に並ぶようにアニメも人気を博し、4度映画化されました。また、2003年にデサントとコラボしたレプリカコスチューム付きアニメDVDが発売されるなど、幅広く商品展開しています。

はじめの一歩

マッドハウス

「はじめの一歩」は、森川ジョージによる漫画を原作とするボクシングアニメです。いじめられっ子だった幕之内一歩がボクシングと出会い、ライバルたちとしのぎを削って成長していく物語が描かれています。2000年から放映されたアニメは、24時以降の深夜放送としては異例の6.1%の視聴率を記録するなど人気が高く2009年、2013年と次々に続編が作成されています。

テニスの王子様

トランス・アーツ

「テニスの王子様」は、許斐剛のスポーツ漫画を原作とするテニスアニメです。テニスの卓越した才能を持つ主人公越前リョーマが、全国大会を目指す名門で技術を磨き成長していく様子を描いた作品です。美少年が多数出てくることからスポーツに興味がうすい層にも爆発的な人気をほこり、二度のアニメ化、二作の劇場版を皮切りにミュージカル化、ドラマ化など多方面にメディア展開し、特にキャラクターソングなどは記録的に販売されました。

弱虫ペダル

トムス・エンタテインメント

主人公の男子高校生が自転車競技に打ち込む姿が描かれる本格スポーツアニメ。2013年10月から2014年6月まで第1期アニメが放映され、2014年10月より2015年3月まで第2期「弱虫ペダル GRANDE ROAD」、2017年1月から6月まで第3期『弱虫ペダル NEW GENERATION』、2018年1月から6月までテレビアニメ第4期『弱虫ペダル GLORY LINE』が放送されたほか、2015年には劇場版も公開された。ファンの間では「弱ペダ」の略称で親しまれる。

ハイキュー!!

Production I.G

主人公・日向翔陽が中学・高校を通してバレーボールに打ち込み成長していく姿が描かれる。本作の主な舞台は宮城県であり仙台駅などの実在のスポットも作中に登場するほか、インターハイなどの実在の試合も描かれている。タイトルの由来はバレーボールを意味する「排球」から。

ユーリ!!! on ICE

MAPPA

“フィギュアスケートの特別強化選手・勝生勇利を主人公にしたテレビアニメ。 実在するフィギュアスケーターの本田武史、織田信成、ステファン・ランビエール が本人役でゲスト出演するなどして話題になった。主人公の出身地「九州・長谷津町」は架空の町であるが佐賀県唐津市がモデルになっており、佐賀県に「聖地巡礼」するファンも多いことなどから、佐賀県とのコラボレーション企画が行われるなどしている。”

EnglishJapanese