width=

 width=

ゲーム

ロールプレイングゲーム

作品名

ポケットモンスター

任天堂

ポケットモンスターは世界中で人気の作品で、絶大な知名度を誇っています。原点は、1996年2月27日に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』で、開発元はゲームフリークです。小学生を中心に口コミから一気に広がり大ヒットとなりました。ゲームソフトを中心としながらも、トレーディングカードやグッズなどの、派生作品や関連作品が数多く発売されています。ゲームシリーズはすべてヒットしており、2020年時点での最新作「ポケモン剣・盾」の全世界売上は1,600万本を超えており、他の追随を許さない日本が誇るコンテンツとなっています。なお、派生ゲームも含む全シリーズ累計出荷数と配信数は3億本をゆうに超えています。

詳細はこちら

ドラゴンクエスト

スクウェア・エニックス

ドラゴンクエストシリーズ(以下「ドラクエ」)は、1986年5月27日に発売された『ドラゴンクエスト』を第一作とする日本のRPGゲームシリーズです。発売以来日本中で大ブームを巻き起こしています。幅広い世代に熱狂的なファンが多いのが特徴で、「ドラクエ発売日には学校を休む学生や有給休暇を取得するサラリーマンがいる」といわれるほどです。主にゲームデザイナーの堀井雄二を中心として製作されており、スクウェア・エニックスが発売しています。2020年現在ではシリーズ11作があり、全シリーズ累計出荷数と配信数は8,000万本を超えています。

詳細はこちら

ファイナルファンタジー

スクウェア・エニックス

ファイナルファンタジーシリーズは、日本のゲーム開発者坂口博信によって生み出され、スクウェア・エニックスによって開発・販売されているゲームです。「ドラクエ(ドラゴンクエストシリーズ)派かFF(ファイナルファンタジーの略)派か」という会話が飛び交うほど、ドラクエと並んで日本を代表する二大RPGといっても過言ではなく、現在15作発売されている。シリーズ全タイトルの世界累計販売数は1億5000万本以上を達成しています。

詳細はこちら

クロノ・トリガー

スクウェア・エニックス

「クロノ・トリガー」は、日本のゲームソフトでジャンルはロールプレイングゲームです。主人公クロノが仲間と共に、時間を移動し、時を越えて様々な時代を行きして未来を変えて救うために奮闘する物語が人気となっています。700万本を超える総売り上げを誇っています。

詳細はこちら

桃太郎電鉄

ハドソン

「桃太郎電鉄」(通称「桃鉄」)は、1988年12月にハドソンから発売された、ゲームソフトです。日本や、ときには世界を舞台に、電気鉄道会社の社長として全国の駅を縦横無尽に駆け回り、各地の産業物件へ投資し、事業を拡大しつつ日本一の大会社への成長を目指すゲームとなっています。 もちろん、他社との競争が出てくるため、他のプレイヤーよりも有利になるよう物件を購入したり、ときには妨害工作をしたり、ときには災害で困窮する相手のスキを突くようなプレイングをしたりと、高い戦略性と、サイコロの出目という運が要求されるゲームとなっています。日本中が舞台のため、プレイヤーはゲームをやるうちに地理と特産品に詳しくなるという性質があります。また、各地方とコラボすることもあり、2016年には広島県で「リアル桃太郎電鉄」と称し、街コンとコラボしたイベントが行われました。

詳細はこちら

EnglishJapanese