width=

 width=

果物

果実加工品類

産品名

市田柿

長野県

長野県飯田市で栽培されている渋柿であり、主に干し柿にして食べられている。「スーパーフード」とも言われており、栄養価も非常に高い。また、市田柿の干し柿にクリームチーズやバターをサンドし、スイーツとして食べられることも多い。

詳細はこちら>>GIインタビューはこちら>>ホンモノストーリーはこちら>>

能登志賀ころ柿

石川県

「ころ柿」とも言われる。最勝柿を原料柿に使用している。2週間程度、自然乾燥を行ったうえで、「手もみ作業」という果肉を揉みほぐす作業を行っている。また、平成12年には、石川県から「ふるさと認証食品」に認証されている。

東出雲のまる畑ほし柿

島根県

「東出雲のまる畑ほし柿」は、「柿小屋」と呼ばれる専用の2~4階建ての建物に干して作られる。80度前後の高糖度で、かつ上品な甘さである。400年にものぼる歴史と伝統があり、国内外で高く評価され、ミラノ万博へ出展されたこともあります。お歳暮などの贈答品としても人気を博している。

堂上蜂屋柿

岐阜県

生産地は、岐阜県美濃加茂市である。堂上蜂屋柿、贈呈品として用いられることも多い。取引価格が、他の柿に比べて高価である。したがって、高級品として取り扱われることがおおい。渋柿であるが、糖度は18パーセント前後である。

富山干柿

富山県

富山干柿は、流通する際には、100gを超える大玉となる。また、重さについても、他のものと比べて2~3倍もの重さになる。「手もみ」という作業を2回行うことによって、もちもちとした粘度のある食感となるのが特徴である。

EnglishJapanese