width=

エーアイシルク株式会社

 width=

エーアイシルク株式会社は、天然由来のシルクを使い繊維自体に導電性を持たせた、新しい導電性繊維「エーアイシルク」を開発しました。エーアイシルクは繊維の上に導電性高分子をコーティングする染色技法を用いて製造されます。 従来の医療用電極は装着すると痒みやかぶれ、不快感などをおこすおそれがありましたが、 エーアイシルクは装着感がよく肌に優しいため、このようなリスクの低減につながります。 それに加えて吸水性が高いことから汗の影響を受けにくくなり、心拍や筋電などについて高精度な計測が可能になります。

・医療分野での活用

心電図検査等の生体情報の測定に活用できます。特に肌の弱い人や子どもやお年寄りの負担を軽減しながら正確な測定が可能となり、医療分野への貢献の可能性は大きいといえるでしょう。

・医療分野以外の可能性

「エーアイシルク」は、前述のように医療分野への活用が期待されますが、それ以外の分野にも応用が可能です。例えば自動車のシートやシートベルトにシルク製電極を用いることでドライバーの疲労度などを測定できます。 また、洗濯を繰り返しても導電性が劣化しないことから、スポーツウェアへの活用も見込まれています。圧倒的に着心地が良く、加えてスポーツのフォームチェックやリハビリなどにも利用できると期待されます。 そのほか、子どもやお年寄りの見守りツールとしても応用可能です。 ヘルスケア市場やスポーツ市場、リハビリ市場など、今後大きな人口増や成長が見込まれる分野への応用可能性が広い素材といえるでしょう。

・ウェラブル製品への活用

万歩計や血圧計を装着しなくても、エーアイシルクを使用した衣服等を着用することで歩数や血圧を測定可能になる可能性もあります。 そのほか腕時計型デバイスやスマホとの連携も可能な素材です。

・今後の展望

画期的な開発が評価されてJ-Startupに選出されたほか、資金調達も順調です。シルク製電極は海外からの需要も高いため、量産体制の確立や低コスト化、さまざまな製品への応用などを図り、国内外へのさらなる展開を目指していくことになります。


関連記事

EnglishJapanese