width=

大阪ガス

 width=

大阪ガスは、1897年、明治30年に資本金35万円で設立され、第二次世界大戦前は、野村財閥の中核企業の一つでした。近畿地方に本店を置くガス会社で、都市ガスの販売量が全国2位の会社です。

大阪ガスの沿革

1897年 大阪市西区九条大字岩崎において資本金35万円をもって設立。
1905年 中之島本社社屋竣工。大阪市内でガス供給開始。
1945年 神戸、京都、和歌山など14ガス会社を合併。
1949年 現・大阪ガスケミカル(株)設立。
1965年 現・大阪ガス都市開発(株)設立。
1970年 千里中央地区で日本初の地域冷暖房事業開始。
1972年 ブルネイLNG導入開始。
1977年 インドネシアLNG導入開始。泉北製造所第二工場が操業開始。
1979年 世界初の冷熱発電用プラント操業開始。
1983年 現・(株)オージス総研設立。
2006年 風力発電事業開始。
2009年 泉北天然ガス発電所営業運転開始。
2014年 タイでのエネルギーサービス事業を開始。
2016年 家庭用および小口業務用電力供給事業に参入。
2018年 新グループブランド「Daigasグループ」導入。(株)CDエナジーダイレクト設立。大阪ガスインドネシア社設立。
2019年 ベトナムにおける天然ガス供給事業会社設立。

主な事業の概要

大阪ガスは、ガス事業の他にも、国内外で様々な事業を展開しています。

・国内エネルギー事業
電力事業、ガス事業、LPG・LNG・産業ガス事業などを展開しています。電力については、再生可能エネルギーによる発電にも取り組み、電源を多様化しています。

・海外エネルギー事業
ガス田などの開発(オーストラリア中心)、LNG調達事業、発電事業、ガス配給事業(シンガポール)、ガス販売事業、エネルギーサービス事業(タイ)などを展開しています。

・ライフ&ビジネス ソリューション事業
天然ガスの高度利用やスマートエネルギーネットワークなどの技術開発・エンジニアリングに取り組んでいます。

・イノベーション・技術開発
ガス田などの開発(オーストラリア中心)、LNG調達事業、発電事業、ガス配給事業(シンガポール)、ガス販売事業、エネルギーサービス事業(タイ)などを展開しています。

京都リサーチパーク

京都府の産業の研究開発、ベンチャービジネス支援を目的として、1987年に大阪ガスグループの京都リサーチパーク株式会社が運営する施設で、大阪ガス京都工場跡地に設立されました。かなり、早期にベンチャー支援を始め、現在、約480社の企業が入居しており、ここから、はてな、まぐまぐなどが生まれました。


関連記事

EnglishJapanese