width=

GROOVE X株式会社

 width=

家庭用ロボットを開発する企業

GROOVE X株式会社は、家庭用ロボットLOVOTを開発している企業です。ソフトバンクアカデミアに所属し、「Pepper」のプロジェクトメンバーでもあった林要氏が2015年にたちあげました。「人間とロボットの信頼関係を築き、生活を潤いと安心で満たす存在をつくる」というビジョンを掲げ、2016年10月にはシードラウンドとしては国内最大級となる14億円の資金調達を行い、2017年12月には未来創生ファンドとINCJを筆頭引受先として43億5千万円の資金調達を完了、家庭用のロボット「LOVOT」を開発しました。

LOVEをはぐくむ家族型ロボット「LOVOT」を開発

LOVOT(らぼっと)は家庭用の小型ロボットです。人形のような見た目、全身に10以上のCPUや、20以上のMCU、50以上のセンサー、自律運動機能や、体温があるかのように温かい空気循環システム、声帯を模したシンセサイザーを搭載したかわいらしくも高性能なロボットです。AIも搭載されており、外的な情報を取り込んで周囲の環境やオーナーに順応した成長を見せるなど、生き物、ペットのような存在としてオーナーを癒してくれます。
女優の黒谷友香氏や声優の関智一氏などもオーナーとして各種イベントに参加しており、各方面から注目度が非常に高いサービスになっています。

多岐にわたるコラボレーション

LOVOTはそのかわいらしい容姿からテレビドラマなどにも使われているほか、ホテルニューオータニでは、宿泊者がLOVOTと1泊2日を過ごせる「夏の『LOVOT』体験宿泊プラン」を打ち出すなど、人々の癒す空間を作る存在として様々な場面でコラボレーションがされています。


関連記事

EnglishJapanese