width=

株式会社メルティンMMI

 width=

「身体の拡張」を目指すサイボーグ技術

株式会社メルティンMMI「機械と生き物が融け合う(メルト・インする)未来へ」というコンセプトを持っています。また、究極のビジョンとして「脳さえあれば何でもできるという世界を作る」ということがあります。サイボーグ技術によって「身体の拡張」を目指している企業です。

コア技術「生体信号処理」

生体信号とは、体を動かした際や五感の作用を脳に伝える際に発せられる電気信号のことです。株式会社メルティンMMIは、これを高精度かつ高速に処理をすることを可能にしました。これによって、遠く離れた場所にあるサイボーグであっても遅延のストレスを感じることなく動かすことが可能になり、また訓練を経ることなく誰でもサイボーグを動かすことを可能にしました。

コア技術「ロボット機構制御」

「ロボット機構制御」は、生物の体にヒントを得た全く新しい技術です。筋肉と関節に繋がる腱の関係性をワイヤーとアクチュエータで作ることによって、非常に小さいながらも力が出せたり、複雑な動きをしながらも力が出せるようになるといった、今までにない全く新しいロボット技術を可能にしました。

多くの期待が寄せられている未来の企業

株式会社メルティンMMIは、総理大臣官邸で行われた第48回総合科学技術・イノベーション会議において、株式会社メルティンMMIのロボット「MELTANT-α」 の実機稼働デモンストレーションを行っています。今まさに注目され、大きな期待がかかった企業であるといえます。


関連記事

EnglishJapanese