width=

株式会社メルカリ

 width=

フリマアプリ「メルカリ」をサービス提供

ご存知の方も多いかと思いますが、株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」をサービス提供している会社です。インターン時代に楽天オークションの立ち上げにも携わった山田進太郎氏が2013年に立ち上げました。2018年には東証マザーズ上場をしており、2019年にはメルカリが「Google play ベスト オブ 2019」に選ばれるなど、とても勢いのある会社です。

スマートフォン特化型のマーケットプレイスを展開

株式会社メルカリは、これまでのインターネットオークションとは大きく異なった、スマートフォン特化型のマーケットプレイスを展開しております。従来のインターネットオークションでは、登録や出品、入札の仕組みが少し複雑で、敷居が高く感じるユーザーもいましたが、「メルカリ」は非常にユーザーインターフェースが分かり易く、誰でも簡単に登録、出品、購入を行うことができます。

電子決済サービスも手掛ける

株式会社メルカリのグループ会社である「株式会社メルペイ」では、スマートフォンを用いた電子決済サービスを展開しております。メルカリと連動しており、メルカリでの出品・販売で得た売上金を、メルペイの残高として買い物で使用することができます。また、メルカリと連動したキャンペーンも行っており、「メルペイを使うならメルカリを使った方がお得」といった仕組みを確立しています。

オンラインマーケットプレイスからオフラインへ

メルカリは、オフラインへの事業拡張も進めています。例えば、メルカリの出品や利用を手助けするオフライン店舗「メルカリステーション」やメルカリに出品する際にも利用できる投函ボックス「メルカリポスト」などがあります。また、ドコモと連携して、dポイントとのID連携も可能となりました。さらに、規模は国内に止まらず、2014年にはUS事業を開始しており、ますます活動の場を広げています。


関連記事

EnglishJapanese