width=

ダイナミックマップ基盤株式会社、高性能AIを用いた「除雪支援システム」を開発

 width=

ダイナミックマップ基盤株式会社は、高性能AIを用いた「除雪支援システム」を開発、2022年1月~4月にかけて長野県飯山市で実証実験を行いました。除雪作業は雪に隠れて見えない構造物を上手く避けて作業を行う必要がありますが、今までは熟練した除雪オペレーターの技術に頼り切りでした。しかし、除雪オペレーターの不足や高齢化が深刻化してきており、除雪の担い手の確保が急務となっていました。
「除雪支援システム」は、ダイナミックマップ基盤は同社開発の「高精度3次元地図(HDマップ)」と高精度GPS「RTK測位」を組み合わせ、雪に隠れて見えない構造物を可視化します。これにより、構造物にぶつかることなく除雪作業を行うことができます。2022年中に順次サービスを提供開始していく予定とのことです。

詳しくはこちらで紹介されています。

雪の下の障害物を「見える化」—除雪支援システムの実証実験[動画] | レスポンス(Response.jp)


関連記事

EnglishJapanese