width=

伝統窯の火、絶やさず 原発避難先で再開―浪江の陶芸家「必ず帰る」

 width=

福島県浪江町で300年以上続く伝統工芸品、大堀相馬焼の窯元「春山窯」の13代目小野田利治さんは、「原発事故に負けて伝統を途絶えさせるわけにはいかない」と、東京電力福島第1原発事故の避難先の同県いわき市で仮設工房を立ち上げた。
詳しくはこちら


関連記事

EnglishJapanese