width=

加賀屋

 width=

加賀屋は、1906年、明治39年創業の日本を代表する老舗旅館です。和倉温泉にあり、旅行新聞新社が主催する「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で総合部門1位を36年連続で受賞しています。

  

創業

加賀屋の歴史は、1906年に小田與吉郎が創業したことに端を発します。「加賀屋」という名は、小田與吉郎の出身である加賀国津幡に由来するとされています。現在では約1450人もの収容人員をもつ日本最大級の旅館となりましたが、創業当時は12室30名収容でした。

 

加賀屋の温泉

加賀屋の温泉は地下の花こう岩に含まれる水晶を潜り抜けてきた塩化物泉です。男性は、海側に面した大浴場「恵比寿の湯」で、女性は露天風呂「辨天の湯」と七尾湾を望む「花神の湯」で楽しむことができます。また、この温泉を薄めて飲むと胃腸病や貧血病などに効果があるとされており、大浴場内には源泉100%の飲み湯コーナーが設けられています。

第45回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」総合部門1位

旅行新聞社が主催する「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」をご存じでしょうか。これは、もてなし部門、料理部門、施設部門、企画部門のそれぞれについて、旅行のプロが審査するものです。加賀屋は、1981年の第6回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において総合第1位を獲得すると、それから36年連続で総合1位を獲得するという素晴らしい記録を残しました。また、2018年~2020年でも、総合第1位の評価を獲得しています。

加賀屋グループの事業展開

加賀屋グループでは、加賀屋のほか、「加賀屋別邸 松乃碧」、「あえの風」、「虹と海」、「料理旅館 金沢茶屋」が旅館業を営んでおり、いずれも高い評価を得ています。また、これらの会社の他にも、加賀谷ブランドを使ったオリジナル商品の開発販売などを行う「加賀屋ゼネラルフーヅ」や、宿泊施設に関するコンサルティングを行う「雅総合研究所」、大都市を中心に直営の「日本料理 加賀屋」を運営する「加賀屋レストランシステム」、不動産管理を行う「K.R.E」などがあります。


関連記事

コメントする

EnglishJapanese